編集幹事を竹村医師が務めた医師向け雑誌の遠隔医療特集号が発行

当社 CMIOを務める整形外科医の竹村昌敏(以下、竹村医師)が編集幹事を務めた医師向け月刊誌「治療」(南山堂)の遠隔医療特集が発行されましたのでお知らせいたします。

「治療」は総合診療を中心とした臨床の現場で患者に対面する医師を中心に読まれている月刊誌のひとつで、今回の2018年9月号(Vol.100 No.9)では遠隔医療を特集しております。編集幹事の竹村医師は遠隔医療学会遠隔診療モデル研究分科会委員を務めており、これまでも遠隔医療に関連する論文を数多く執筆しております。また、竹村医師のほかにも、弊社代表で精神科医の物部真一郎、統括医師で緩和ケア医の柏木秀行、CTO(最高技術責任者)の今泉英明らが、それぞれ本特集に寄稿しております。

今回、「ヒポクラ × マイナビ」と同じ現場目線にフォーカスする「治療」で読者医師へ遠隔医療の概要を解説し、遠隔医療に関するエビデンスに基づいた正確で最新の情報を提供することで、臨床現場に立つ医師の理解を深め、遠隔医療が適切な形で効果的に使われる社会を作っていきたいと考えております。

【特集概要】
「遠隔医療はきっと医療をよりよいものにする」というテーマのもと、単語は広く知られるようになったものの、十分に理解されているとは言い難い「遠隔医療」のアウトラインを様々な局面から解説し、広く臨床現場の医師に遠隔医療に関する理解を深めて頂くことで、遠隔医療が適切な形で使われる社会を目指す取り組みのひとつとなっております。

【エクスメディオメンバーの寄稿】
遠隔医療総論(竹村昌敏)
遠隔医療の種類(物部真一郎)
遠隔医療と人工知能(今泉英明)
病院勤務(柏木秀行)
遠隔医療の未来(竹村昌敏)

エクスメディオでは、今後も医師チームが「遠隔医療」、「医療×IT」、「医療経済」等を軸に、学会発表や学術誌への寄稿などでエビデンスに基づいた学術的な発表を続けていくことにより、より安心して臨床に役立てて頂けるサービスを構築するとともに、医師が遠隔医療について正しく理解することで、言葉が独り歩きすることなく、遠隔医療が医師と患者をサポートする効果的な役割を担うことのできる社会を目指して参ります。

【編集幹事について】

竹村 昌敏(たけむら まさとし)
エクスメディオ CMIO/整形外科医(東京医科歯科大学)
2014年のエクスメディオ設立時からCMIOとして参画。2013年から日本における遠隔診療についての研究を始め、遠隔医療学会等で発表を続け、2016年から遠隔医療学会遠隔診療モデル研究分科会委員を務める。医学誌での遠隔医療関連の執筆も多い。整形外科医として外来、手術等に現在も従事を続けている。

その他の記事

竹村医師が「月刊保険診療」でオンライン診療をテーマに対談

「Bibgraph」が新機能を追加してバージョンアップ。PubMedと全く同じ検索結果が表示可能になりました

補助人工心臓使用時の皮膚トラブルの遠隔管理に関する共同研究を開始

「ヒポクラ × マイナビ」で初期研修医向け「レジデント選手権」を開催  ~今年の医師国家試験に合格した1年目の研修医が出身大学チーム対抗で有名研修病院指導医が出題する研修科目振り返りクイズに挑戦~

画面上部に戻る