梼原町(高知県)をモデルとした遠隔診療の実証実験プロジェクトに関する包括連携協定を締結

高齢化・過疎化が予想される中山間地域において、持続可能な遠隔医療システムとして「ヒポクラ」を用いた将来的な医療サービスの確保につなげる効果検証を実施

 

当社、株式会社エクスメディオは、高知県高岡郡梼原町(町長:矢野富雄、以下「梼原町」)および株式会社みずほ銀行(頭取:藤原弘治、以下「みずほ銀行」)と「遠隔診断・医療用人工知能(AI)の実証研究プロジェクトに関する包括連携協定」(以下、「本協定」)を締結いたしました。

本プロジェクトでは、梼原町をモデルに高齢化・過疎化が予想される中山間地域で医療サービスを将来にわたり確保する手段の1つとして、梼原町が開設する梼原町立国民健康保険梼原病院(以下、「梼原病院」)において、エクスメディオが開発した臨床課題解決のための医療者向けサービス「ヒポクラ」を用い、遠隔診療の安全性及び有用性に関する効果検証を行うとともに、将来的な医療用AIの研究に繋げていきます。そして、高齢者の受診躊躇による病気の重症化を予防するなど予防型社会にシフトし、将来にわたる医療サービスの確保につなげていきます。

梼原町は、高知県西部に位置し町面積の91%を森林が占める自然豊かな中山間地域です。少子高齢化による人口減少等を背景に、長年にわたり地域包括ケアシステムを梼原病院と保健福祉支援センターが一体となって充実させ、多職種連携による支え合いの命を守っていく仕組みにより、町民が住み慣れた地域で安心して暮らしていける町づくりを目指しています。また、梼原病院は地域医療を支える「へき地医療拠点病院」としての機能充実を図り、町民の不安の解消につなげています。梼原病院の池田院長によると、同病院は総合診療を中心とした医療体制を敷いているため、このような形で専門医のサポートを受けることができるようになることは、病院、そして地域住民にとっても非常に有益であると話しています。

効果的・効率的な遠隔診療やAIを活用した診断支援は、政府の「未来投資戦略2017」が示す重要政策でもあります。梼原町、みずほ銀行およびエクスメディオは、本プロジェクトが人口減や高齢化社会への対応、延いては地方創生にもつながるとの認識に基づき、我が国の課題解決に向けた取組みを進めていきます。

 

その他の記事

画面上部に戻る